ワンタップバイ

【一目瞭然】One Tap BUY(ワンタップバイ)の積立ページを見ると、米国株のすごさが分かります。

お疲れ様です、エフピーティーです。

私のホームページを見に来て頂いている人の検索ワードで1番多いのが「One Tap BUY(ワンタップバイ」についてです。

でもワンタップバイは、アプリ中心の展開のため、webページを見ている人があまりいないのではないかという心配。

実は、ワンタップバイのwebページを見ると、米国株のすごさを直感的に理解することができるページがあるんです。

今回は、ワンタップバイのwebページについて話をしたいと思います。

スポンサードリンク

積立投資シミュレーションページのすごさ

・どこのページがすごいのか?

ペンギンの画像にも惹かれますが、一番のおすすめは、赤丸で囲んだ米国株のページ。

<ワンタップバイホームページより>

次のページでは、「積立投資シミュレーション」をクリックしてほしい。

<同上>

それは、なぜか?

クリックすると、30銘柄の株価の上昇が一覧で見ることができるんです。

「一覧で見て、何がわかるの?」と思う人も多いはず。しかし、じっくり見てみると分かります。

 

・一覧のページを見て分かること。

言ってしまえば、チャートの一覧なんてどこでも見ることができるんです。

でも、この10年のチャートは、面白い。

<同上>

青い線は、ただ単に現金を1万円ずつ積立した結果です。この10年、GE(ゼネラルEエレクトリック)以外、大きく上昇しています。

どの銘柄も右肩上がり、ほぼ負けなしです。

しかし、日本株も負けていないはず。では、比べて見ましょう。

・日本の30銘柄のチャート

結果、このようになりました。

<同上>

日本も米国に負けていません。日本では、積立を下回っているのは、楽天のみ。

米国と引き分け。

それなのにどうして、日本株ではなく米国株を買うのか?考えていきましょう。

 

日本株ではなく、米国株を買う理由。

・配当金を比べていない。

実は、日本と米国の2つのチャートは、どちらも値上がり益だけです。

配当金がどうなっているかは、比較されていません。配当金で考えると少し状況が変わります。

 

・増配のの期間。

米国株の増配の長さを上位3位まで比較すると、

コカコーラ(55年)

マクドナルド(42年)

エクソンモービル(35年)

と長いんです。つまり、配当を毎回増やしている期間が長い。

ちなみに日本株は、

花王(28年)

ユニチャーム(16年)

ニトリHD(14年)

となります。圧倒的な差。

株式を売買するだけの、利益とは違いますね。

分配金も株式投資において大切な要素と言えそうです。

まとめ

値上がりの幅は、日本株・米国株、どちらを買っても大きな差はありません。

しかし、分配金などの投資家に対する意識を見ると全く違います。

投資家を保護する姿勢は、米国株>日本株と言えそうです。

ですから、ぜひワンタップバイを始める人は、馴染みがある日本株だけでなく、米国株もかなりの馴染みがあると思うので、挑戦して見ませんか?

 

スポンサードリンク

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している39歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!