ワンタップバイ

【おすすめ!】ワンタップバイ最強の銘柄から配当金。

Pocket
LINEで送る

お疲れ様です、エフピーティーです。

久しぶりの雨。少しは湿度が上がって、インフルエンザや花粉症を和らげてほしいものです。

今日は、One Tap BUY(以下:ワンタップバイ)から、配当金のご報告。利益率も1位、増配歴も50年以上と、ワンタップバイ優等生からの配当金です。

スポンサードリンク

ワンタップバイで一押し銘柄

出ました、配当金!

2月に出る配当金は、意外と少ない。私が保有するワンタップバイの中で、2月は1銘柄しか配当を出しません。

その配当金を出す銘柄は、【P&G】です。

【P&G】は日用品メーカーで、家の中を探せば必ず1つはあると思います。その【P&G】からの配当金が、こちら。

<ワンタップバイアプリより>

ついに配当が100円を超えました。パチパチ

最初が7円だけに可愛く感じます。決算内容も好調で、増配歴も伸ばしています。この調子を継続していただきたい!

米国株の王道

配当も出ていますが、実は値上がり益も出ています。

<ワンタップバイアプリより>

私が保有する11銘柄の中で、値上がり益トップ。素晴らしいの一言です。

どこにでもありふれている商品を売っている地味な会社ですが、アマゾン、グーグルなどにはない米国株の魅力にあふれた銘柄の一つです。

スポンサードリンク

チャートも素晴らしい。

購入してきた2017年からのチャート見ると、

【売買履歴】

【含み損益の推移】

<ワンタップバイアプリより>

2019年に入り、利益が大きく膨らんでいます。2018年のマイナス生活でもしっかりと積立続けた影響が最近になり、出てきました。

売却益などは狙わず、配当益がメインですので、下の表はあまり必要ないんですけどね。マイナスである時よりは、気持ちが良いですが。

高いよ!税金

2つの税金

ワンタップバイの配当金は、2つの税金がかかります。米国で10%、日本で20%合計ではありませんが、28%も税金で引かれるわけです。

2重に課税をされますが、法律で米国の納税分は、一部分が戻ってきます。それでも20%以上引かれるわけですから、配当再投資の利益部分を圧迫します。

それでは、配当のお知らせを実際にみて、どれくらい納税するのか見ていきましょう。

税金の内訳。

『国外上場株式等 配当金のお知らせ』を見てみると、税金について書かれています。

<ワンタップバイ PC版取引サイトより>

<米国の分>配当金1.31ドル 現地源泉税額0.13ドル(10%)

<日本の分>配当金130円 国内源泉所得税額19円 国内源泉地方税額6円(20%)

上から見ても分かる通り、意外と配当は大きく税金が引かれます。普段生活をしていると、消費税ぐらいしか気にしませんが、配当などの所得があると、税金の高さを感じてしまいます。

まとめ

税金が高いとはいえ、配当再投資は再現性の高い、大きなお金を作る手段になります。

【P&G】は、値上がり益も配当益も出る、現状で最強の投資先になっています。

ワンタップバイで投資をする際は、Amazon、グーグル、アップルだけでなく、P&Gも忘れずにお買い求めください!

 

Pocket
LINEで送る

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!