ソーシャルレンディング

【クリック合戦じゃぁ】6月19日のSBIソーシャルレンディングの結果は、いかに!?

お疲れ様です、エフピーティーです。

6月19日(火)午前10:00から、熱い戦いの火ぶたが切って落とされました。もちろんそれは、サッカーのワールドカップではありません。

SBIソーシャルレンディングの申し込みです。申し込みの内容は、以下。

<SBIソーシャルレンディングホームページより>

年利回り6.5%、12ヶ月の運用である不動産担保ローンのファンドです。

どうして、「このSBIソーシャルレンディングが人気なのか?」は、以前の記事に書きました。

今回は、その申し込みの結果がどうなったかをお伝えしたいと思います。

「果たして、申し込みの結果は、いかに!?」

エフピーティーは、ファンドを買うことができたのでしょうか?

スポンサードリンク

申し込みの結果は?

・やはり、クリック合戦。

SBIソーシャルレンディングが、10時からの申し込みの際、画面に張り付き、クリックを一斉に仕掛けることで行われる通称「クリック合戦」。

今回は、10分ぐらいは余裕がるのではないかと思い、ゆったり構えていた私。

10時になりさて見てるかと思うと、やはり入れない。

何度か見ているうちに、10時2分。そこでは、金額入力画面とともにある文字が、

<SBIソーシャルレンディングホームページより>

「このファンドは募集金額に達していますので投資できません。」

「んん!?」まだ、3分しか経っていないんですけど?。そうなんです。今回3分経たずして、申し込み終了。

つまり、3分以内に申し込みをしないといけない強烈なクリック合戦。

完全に、敗北が決定した瞬間でした。(上のスクリーンショットは、3分で呆然としたため、撮影が4分になっています。)

 

・6億円が、3分。

皆さん、どう思います?6億8100万円が、わずか3分で完売

この国の金余りの象徴でしょうか?それとも、テレビの効果でしょうか?

以前、テレビ東京の取材の際は、10〜15分前後で完売でした。それが、今回は、3分。

光回線でないと、勝てない気が・・・します。田舎の4Gでは太刀打ちできないのでしょうか?そのために仕事を休むのももったいないですし、会社のパソコンを使うわけにもいきません。

このクリック合戦、次回も3分で完売の状況と考えると、参加すること自体が無駄に思えてきます

次は、「もう参加するのをやめようか」と思っていた矢先、新たな募集のお知らせが!

次の募集は、何月何日なんだろうと確認してみて、驚き!

募集開始日は、6月21日(木)でした。

スポンサードリンク

決戦は、今日!

・10時に、電波時計を合わせましょう。

なんと、次の発売を調べていると、ホームページに掲載されました。

<同上>

申し込みは、今日6月21日の午前10:00から

もう一度申し込みをすることができます。リベンジのチャンスまで、あと4時間(今日の投稿時間が6時のため)

ただ、自宅の光回線ではなく4Gの回線ですから、期待していません。

さらに今回は、より条件が厳しくなっています。どうして、厳しいのか?それは、募集学の問題です。

 

・募集の金額が問題。

今日の問題点は、金額の少なさ。前回は、6億8100万円が3分。

今回は、2億220万円。約3分の1にまで減っています。

時間も同様と考えると、3分間の3分の1。つまり1分。

1分での争いになりそうです。1分の争い、参加します?

私は、買えないだろうとわかっていますが、記事を書くために挑戦してみます。

まとめ

SBIソーシャルレンディングのクリック合戦を甘くみていました。余裕をかましていたら、全く買えません。

今回で買えなければ、資金を温存してくのはもったいないので、別のソーシャルレンディングか他の投資先に回したいと思います。

もう完全に、思い出づくりの世界です。

「お金はあるのに、投資先が少ない」状況は、確実に金余りであることに間違いありません。

「金余りであるほど、金利が低い」のであれば、「借り手が有利」とも言えます

この借り手が有利な状況を活かすためにも、職場の貸付事業を使い、借りて運用をする方法を実践していきたいと思います。

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!