ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングが心配の方へ!maneo(マネオ)なら、短期投資もありますよ。

Pocket
LINEで送る

お疲れ様です、エフピーティーです。

仮想通貨バブル、FX、投資というか投機に近いものが、最近は流行りのようです。

しかし、インターネットの技術が進化し、お金の貸し借りもネットを経由する、フィンテックのような事業も増えてきています。

今回は、2018年から始めたソーシャルレンディングの現状をご紹介。

はたして、1月の10万円は、何円になるのでしょうか?

スポンサードリンク

2月の償還から今まで

1月に10万円をマネオに振り込み、その後、

チキンな私は、C社に3万円を投資。

それも期間は、たったの

1ヶ月

なんたるチキン野郎。

2月に償還を迎えた際の話はこちら。

[blogcard url=”http://fp-teacher.net/investment/social-rending/post-1795″]

その際の利益は、540円。

 

3万円を1ヶ月投資して、利子が540円。

今時の銀行の預金金利比べれば、高いです。

 

利子を受け取り、考えたことは1つ。

「この1ヶ月の投資を繰り返していけば、良いのでは?」

フツフツと湧き上がる、姑息にも近いこの手段。

 

初償還以後、次の1ヶ月物のファンドを待ち構える、

自分なのでありました。

①3月、4月中旬までの傾向

そして、3月。無事に償還を終え、

3万円 → 3万540円

になり、投資できる金額も使っていない2万円と合わせ、

5万540円。

いざ5万円を投資しようと、ファンドを探すと、

<マネオホームページより>

なぜか?1ヶ月や2ヶ月のファンドが消え、

5ヶ月から23ヶ月、

さらには、担保付き(利回りが低い)ものばかり。

一体どうしたんでしょう?

 

ソーシャルレンディングに、100%の信頼を置いている訳でもない人間にとって、

23ヶ月は、長すぎます。

 

できれば、8月に償還を迎えるもう1つのファンドとともに、

ソーシャルレンディングを終わらせ、

米国株に移行しようと考えていたのに、

なかなか終わらせる時期を揃えることができませんでした。

 

1ヶ月や2ヶ月を探して、

3月から4月中旬まで5万540円は、そのまま

現金預かり。

 

日本円で、何も生み出さない状況にヤキモキしつつ、

ほぼ毎日、新しいファンドが出るのを待っている状況が、

約1ヶ月半続きました。

②最近の傾向

そしていよいよ、4月下旬。

少し、状況が変わってきました。


<同上>

なんと、以前よりは格段に短くなっています。

さらに担保のないものが増えています。

よかった。

やっと、使われずに保存されていた5万円を有効に使うことができそうです。

上の中から選んだファンドは、

<同上>

以前と同じ、c社。

C社、再びです。

それも4ヶ月のファンド、最高です。

何が、最高かって?

2月に申し込んだファンドの償還日が、

8月28日。

今回のファンドの償還期限が、

8月28日。

 

これで、気持ちよく、ソーシャルレンディングを終わらせることができそうです。

③全償還後の考え方

今回の投資額は、5万円。

残りの資金を全額投入。

シミュレーション結果は、

<同上>

5万円が、4ヶ月後に、

5万円 → 5万883円。

たしかに以前の利率に比べると、若干低め。

しかし、

今回は、マネオのトレンドが少し変わってきたように感じます。

超短期の高金利ファンドが、減少傾向。

この先においても

 

 

短期のファンド → 長期のファンド

担保なし → 担保あり

利回り高 → 利回り低

 

というように、変化していきそうです。

まとめ

マネオも、

みんなのクレジット問題

仮想通貨取引

その他の投資

さまざまな影響を受け、この数ヶ月間でも、

大きく変化をしています。

 

ソーシャルレンディング自体、まだまだ

高金利のいかがわしい商品

というレッテルから抜け出していません。

投資をしている自分でさえも、

怪しさを感じている始末

 

これからも、どのように変化していくか、

そして私のお金は4ヶ月守られるのか?

じっくり見ていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

Pocket
LINEで送る

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!