ソーシャルレンディング

【新しい投資が、始まる予感】不動産投資をして見たい方、必見!出来るだけリスクを抑えた投資手法になるかもしれません。

お疲れ様です、エフピーティーです。

マネオ、SBIソーシャルレンディング・・・

最近、ソーシャルレンディング(クラウドファンディング)は、

どうも危なっかしい・・・

大手の2社が、

返済遅延や政治家との不正の関わりで、

説明責任を求められています。

 

全損の可能性があるソーシャルレンディングだけに、

会社選びは慎重にしたいところ。

その中で新たなソーシャルレンディング(クラウドファンディング)が募集を開始したので、

ご紹介したいと思います。

(※ソーシャルレンディングは、詳しく言えばクラウドファンディングの一部です。同じものと考えて問題ありません)

その会社は、

GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)社の

Renosy(以下;リノシー)です。

 

リノシーの中で行われる、クラウドファンディングについて

今回は詳しく見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

 

Renosyの魅力(メリット)

・高い利回り。

投資する内容は、

<リノシーホームページより>

ビルの賃料収入が、利子になります。

そして気になるのが、

キャピタル重視型。

 

キャピタルというのは、値上がりの利益のことです。

契約が終了し、売却した時に、

毎月の賃料収入+値上がりの利益

が得られる案件です。

 

そして、利回りも高い。

<同上>

年利で8%。

1万円を投資したら、

1万円×8%÷12ヶ月×3ヶ月分=200円

 

3ヶ月の1万円投資で、200円。

昨今の定期預金では、考えられない高い金額です。

 

あこがれの(?)大家生活です。

 

途中解約可能

  もう1つのメリットは、途中で解約ができることです。

<同上>

ソーシャルレンディング やクラウドファンディングの場合、

一度投資をすると、

ファンドが終了するまで解約できません。

自分から返金を申し込むことができないのです。

 

途中での解約可能という

投資する人にとって心配すべき内容が

1つ減ることになります。

とても投資する人にとって有り難い契約に

なっています。

 

・国策に、売りなし。

「国策に、売りなし」というのは、株式投資の格言です。

「国が積極的に行いたいことに関連する株は、必ず上がる」

というものですが、

リノシーの場合、

「国土交通省推進の小規模不動産特定共同事業 第1号」

に設定されています。

 

つまり、

国は、「中古物件をより流動化させたい!」

という希望があるので、

国の保証に近いものがあるという

珍しいクラウドファンディングです。

 

国としては、

最初の例をつぶすはずがありません。

 

最近、

ソーシャルレンディング (クラウドファンディング)の

信頼性が揺らいでいるだけに、

リノシーの案件は、投資しやすい案件

と言えるでしょう。

スポンサードリンク

 

デメリットは、ないのか?

・抽選倍率

これだけメリットがあるのですから、

もちろん抽選倍率も高い・・・

2018年8月6日8時現在、

<同上>

すでに、1540万円に対して、1億4500万円。

応募倍率すでに、942%

まだ申し込み期限まで時間があるので、

さらに上昇して1000%(10倍)を

超えそうです。

 

やはり美味しい内容には、

多くの人が関心を持っていますね。

 

・会社が若過ぎる。

まだ、実績のない案件に1億円も集まっています。

「そんなに安心できる会社なのか?」

と心配になる人も多いはず。

<同上>

設立してまだ5年。

さぁ、どう感じます?

 

私は、設立年を重要視していません。

だって老舗の企業でも、バンバン潰れる時代。

 

会社の長さが、企業の価値を決めるものではないはずです。

LINE、メルカリ、youtube・・・

巨大なネット企業は、20年前には、

全くなかったわけですから。

 

ただ、経歴が短い分、

会社を揺るがすような問題があった時に、

信用されない場合もあると思います。

(コインチェックのように)

 

発展途上をどう捉えるか?

デメリットに感じる人もいるでしょうし、

感じない人もいるでしょう。

ただ、デメリットに感じる人もいるのと思うので、

デメリットの項目に入れております。

まとめ

2018年投資の話題では、

「かぼちゃの馬車」のように、

不動産投資には、多くのリスクがあります。

 

大きなお金が動き、リスクも高い・・・

そんな不動産投資は、やはり難易度も高く、

最悪、投資からの退場!

つまり

「不動産投資失敗」=「生活崩壊」

もある世界です。

 

大きなリスクを負わず、

不動産投資ができるのは、

現在のIT技術のおかげです。

 

IT技術をうまく使い、リスクが少ない中で不動産投資をすることが、これからの時代はできるのです。

 

宝くじ、パチンコ、公営ギャンブル、

1万円使って、負けるより

リノシーで不動産投資した方が、良くありませんか?

 

今回私は、5万円を応募してみました。

結果がどうなるかは、

また後日改めてお知らせしたいと思います。

 

募集は、8月13日21;00までですが、

私の抽選倍率が上がると嫌なので、

申し込まないでください!

(決してダチョウ倶楽部のギャグでは、ありません)

 

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している39歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!