FX(外国為替証拠金取引)

仮想通貨よりも、FX(外国為替証拠金取引)の方が良いですよ〜。

お疲れ様です、エフピーティーです。

今日は節分。恵方巻きは、皆さんどうしてますか?我が家は、買うと高いので、家で手巻き寿司パーティーです。子供は、卵、ハム、シーチキン、カニカマを挟めばそれで満足。大人用に少し刺身を買っておけば、事足ります。安くて、楽しい、一石二鳥です。その浮いた分が、投資に回ります。

スポンサードリンク


コインチェック問題前に下ろせたお金の使い道。

コインチェック問題を見るたびに、「良い時期に30万円下ろしたなぁ」と感慨深くなっています。

仮想通貨をやめた記事は、こちら

[blogcard url=”http://fp-teacher.net/2018/01/17/post-1247/”]

この30万円はつみたて用資金なので、すぐに使う必要はありません。そのため、10万円×3つに分けて、

①銀行口座、②ソーシャルレンディング、③FX

の3つに分けて、保管することにしました。

FXについては、2017年に米国株・ETF投資をして以来、全くしていなかったので、1年ぶり。

久しぶりに始めるとワクワクしますね、何事も。

 

使っているFX業者について

私自身、色々な口座を保有しています。

SBIFXトレード・DMM・外為オンライン・ヒロセ通商・マネーパートナーズ・ひまわり証券、などなど

どうしてそんなに持っているのかって?

それは、口座開設の際のキャッシュバックに目が眩んだからです。よって、ほとんどが休眠口座。

どの口座を使おうか悩んだ場合、3つのポイントを重視しています。

 

POINT①スプレッドが低い

②高金利通貨がある

③スワップポイントが高い

この3つが、重要になります。

スプレッドとは、ナンジャラホイ?

スプレッドとは、売買の差です。よくニュースなどで

「110円00銭から110円10銭」などど聴くことがあります。

これは、消費者からすると、

「110円10銭で買えますよ。」ということで

「110円00銭で売れますよ。」ということです。

つまり、買った直後に売ると、それだけで10銭損をすることになります。

その値段の幅が、スプレッドになります。なので、スプレッドが高すぎると、買ったらいきなり大損になるんです。

一般的に、有名な通貨ほどスプレッドが少なく、無名になるほど大きくなります。

 

じゃあ、一体どの通貨を買おうか?

そこで目をつけたのが、③の高金利通貨がある。

高金利通貨の代名詞は、オーストラリアドル(金利1.5%)やニュージーランドドル(金利1.75%)が一般的です。

日本に比べれば高いですが、しかしまだまだ大きなところがあります。

南アフリカランド(金利6.75%)

トルコリラ(金利8.0%)

これだけ、高いと怖くなりますね。確かに、高金利通貨はその分価格の上下動が大きいです。

ですから購入する際には、必ず少ない額で余裕を持った投資が必ず必要です。

 

仮想通貨と違って、スワップポイントはありがたい。

スワップポイントというのは、毎日の利子のことです。

「利子ならどこも一緒」というのは、日本の銀行だけで、FXの場合、会社ごとでかなり違います。

<SBIfxトレードホームページより>

<ヒロセ通商ホームページより>

<マネーパートナーズホームページより>

トルコリラで言えば、1万通貨あたり、

87円・87円・90円

南アフリカランドで言えば、10万通貨あたり

170円・172円・150円

と大きな差になります。1日数円ですが、それが1年になると1000円以上の差になるので、無視することはできません。

 

仮想通貨よりも、気が楽

仮想通貨は、どれだけ持っていても利息は付きません。

FXは、大きく取引しなければ、毎日、数円から数百円の利息が付きます。

こう考えても、FXの方がメリットが大きいですね。

しかし、

メリットが大きい分、値動きも大きいので気をつけられたし。
次回は、購入した結果をお知らせします。
 

スポンサードリンク

 

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している39歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!