仮想通貨

仮想通貨を辞めました。これから始める人へのアドバイス

お疲れ様です、エフピーティーです。

3人の子供は、お年玉を使って本と財布を買うことにしました。3人とも個性的な本を選んでましたが、3男のトミカの図鑑には驚きました。

普通、本物の働く車図鑑かと思いきや、働く車のトミカの図鑑なんです。

これには吹き出してしまいましたが、3男にとっては最高の本らしく、風呂にまで持っていこうと両親を困らせています。

スポンサードリンク


ついに、仮想通貨を辞めました。

2017年10月から始めた仮想通貨取引。ある理由によりやめることになりました。

それは、従兄弟のセリフ。

「仮想通貨って儲かるの?」

これです。

従兄弟は、リーマンショックの際、1ヶ月前に「株とかFXとかって、儲かるの?」と私に聞いて来たんです。

その時は、ギャンブルの下手な人がお金儲けを始めようとしている、程度にしか感じていませんでした。

金融知識はほぼゼロ、宝くじを買い、毎月分配型投信をしている人間です。そんな人から、「株!」と聞いて驚き、その後のリーマンショックで数百万円を溶かしたと聞いてさらに驚いたことを思い出しました。

こんなに詳しくない人が狙っている時点で、

ただのギャンブルになってますね。

そう感じたため、早い段階で手仕舞いをしようと思い、週末に決済を行いました。

 

週刊誌、ワイドショー、従兄弟。ビンゴです

この3つが特集を始めると、怪しい臭いがしてきます。株・FX・仮想通貨、どれもが同じような道なのを、投資を17年してきて学んだつもりです。たとえ、これから爆上げしても後悔はありません。

50万円近くあった、総資産額も0円。多い時には8種類近く持っていた仮想通貨も今は、0種類。

これでいいんです。今回のブログは、自分に言い聞かせるブログです。

 

これから、仮想通貨を始める方へ

仮想通貨の急落は、何度もあります。しかし、それを何度となく乗り越えてさらに上昇しているので、急落を拾う(落ちたナイフを拾う)ことが、普通になっています。

しかし、本当に怖いのは「ジワジワ下がる」です。

「今までに仮想通貨で経験がないジワジワの下げ」これは、今まで経験がないんですよ。

おそらく一気の上昇は、局地的に起こるものの続きません。

「自分も長期保有」などど、2017年に言っていたのがはずかしい。

踏ん切りをつけてやめたのも、米国株のおかげです。

値動きに一喜一憂せずに、のんびり上昇

これにつきます。

仮想通貨を辞めろとは言いませんが、私の中ではヒリヒリと怪しさを感じます。

大きく負ける前に降りるのも勇気。

 

儲かった分は、どうしよう。

この2年間の取引で40万円ちかく利益が上がりました。この利益をどう使おう?と考えたのですが、大部分は米国株。少しだけ遊びで、ソーシャルレンディングとかFXとかを始めてみようかと画策しています。

何か挑戦しないと面白くないですからね!

人の行く裏に道あり花の山

日本証券業協会ホームページより

スポンサードリンク

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している39歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!