iDeCo【イデコ】

【最終結論】イデコでアクティブファンドを選んではいけない理由

Pocket
LINEで送る

お疲れ様です、エフピーティーです。

普段は、『インデックスファンド』や『ETF』を積み立て、確定拠出年金であるiDeCo(以下:イデコ)は、アクティブファンドを積み立てているという、変な方法で積み立てています。

理由は、毎月の積み立ての方が金額が多いから。さらにアクティブファンドを買うとどうなるか見てみたかった、、、という人柱的な発想で積み立てています。選んだファンドは、アクティブファンド界では超有名な【ジェイリバイブ】と【ひふみ年金】

「2つのアクティブファンドに投資した2年間の実績は、どのようになったのか?」見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

SBI証券イデコの運用成績

『インデックスファンド』と『アクティブファンド』の違い

一言で言えば、、、

『インデックスファンド』は、機械的に買い付けるので、手数料が安い。

『アクティブファンド』は、投資のプロにお任せするので、手数料が高い。

このようになります。本来、積立には『インデックスファンド』が向いているのですが、【ジェイリバイブ】も【ひふみ年金】も、超有名な『アクティブファンド』ですから、買ってみることにしたのが、2017年の1月でした。それから、2年、どのようになったのでしょう、、、

運用成績は、いかに?

では、結果を見てみましょう。

<SBIベネフィットシステムズホームページより>

「あちゃー!!」マイナスです。資産のマイナスは、1000円程度です。しかし、全体での損益は約7000円と差があります。これは、加入時に2777円払うのと積立代に毎月167円かかるためです。

※積立代は金融機関によって、167円~500円と幅があるので証券会社はしっかりと決めないと、毎月300円以上損をしますよ。

資産額のチャート

ここ1年の資産額のチャートを見ると、

<SBIベネフィットシステムズホームページより>

9月までは、順調そのもの。それが10月に入り、大きく減少。2万4000円追加投資しているのに、9月と11月の資産が同じになっています。

どちらの『アクティブファンド』も日本国内の中・小型株をメインにしているのですが、いかに中・小型株が下がったのかが分かります。

どの『インデックスファンド』下落しています。しかし、アクティブファンドの下落はかなり大きくなっています。このあたりが『アクティブファンド』の難しさを表しており、さらに手数料も高いとくれば、おススメできる要素は、ありません。

 

イデコには、もっと大切なものがある。

所得税と住民税が下がる。

イデコは、利益や損を計算してはいけません。大切なのは、節税額。日本人の平均年収416万円、38歳男の私が毎月2万3000円をイデコに預けると仮定して試算すると、

<38歳男、妻・子供あり、年収418万円、毎月2万3000円積立(普通のサラリーマンの積立上限)>

<ろうきん イデコシミュレーションより>

このように年間4万1700円も節税につながります。年間27万6000円預けて、4万1700円の利益。年利回りに直すと、約15.1%

これほどまでに、すぐれた投資手法はありません。政府も勧めるお墨付きですから、イデコをしない人は、はっきり言って、損をしています。

確定申告時に出す書類。

「節税って、難しいのでは?」と考える人がいると思いますが、とても簡単。年末調整の書類の右下に「確定拠出年金法に規定する個人型(企業型)年金加入者掛金」の欄に、拠出した金額を書くだけ。

<国税庁 ホームページより>

書く金額については、年末調整の生命保険料控除申告書と同じように、10月に届きます。

<SBIベネフィットシステムズ 封書より>

私の場合は、1万2000円を拠出していますので、満額が14万4000円になります。これだけで、数万円単位で税金が安くなるのですから、しない手はありません。

スポンサードリンク

まとめ

やはり、10年以上の長期での運用をする場合は、インデックスファンドがおすすめ!

この一言に尽きます。絶好調のアクティブファンドであっても、必ず好調・不調の波があります。

ここ数年は、中・小型株の成績が良かっただけなので、『ジェイリバイブ』も『ひふみ投信(年金)』が、ぴったりマッチしただけ。長期的に見れば、成績的にはインデックスファンドとほぼ同じになります。しかし、手数料が高い分、負けてしまうのがアクティブファンド。

アクティブファンドは、短期勝負に向いています。イデコなどの長期投資には、しっかりとしたインデックスファンド(eMAXIS Slim米国株式、楽天VTI、ニッセイ外国株式など)を選びましょう。

以下のネット証券は、イデコの手数料が最安で、おススメできる証券会社です。

>>No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

>>楽天ポイントを使って、損を出さない投資!楽天証券

>>無料で資料請求、マネックス証券

Pocket
LINEで送る

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!