育児休業

【イクメンって、言葉が苦手!】「家族のために仕事を休む!!」私は嫌がられても、休暇も休業もしっかりと取得します。

お疲れ様です、エフピーティです。

昨日のブログは、

ブログで三女でデビューでしたが、

赤ちゃんなんて、大体どの顔も同じです。

スポンサードリンク


月曜に生まれてたので、今日まで

出産補助休暇を取得しています。

 

育児休暇は、

出産補助休暇(最長3日)、育児参加休暇(最長5日)、などなど種類があり、

給料が発生したまま8日取ることができるので、

来週の29日まで最長の8日間、取ることにしました。

 

違いが分かりにくいのですが、

育児休業 ⇒ 給料が出ない。(代わりに、雇用保険、組合などから給付金が出ます。)

育児休暇 ⇒ 給料が出る。(有給休暇と同じ)

このような違いがあります。

8日間程度は、給料ありで休めるので、

皆さんも、ぜひ権利をお使いください。

スポンサードリンク


「よく職場が許したなぁ~」って?

そうです!

もう『出世』も、『同僚への迷惑』も考えないようにしました。

相当な厄介者です。

 

でも、いいんです。

「私、仕事よりも家族のために生きる」ことにしました。

 

「休みづらい」「ほかの人に迷惑がかかる」・・・

なんぼのもんじゃい!

 

国民の義務である『勤労、納税、教育を受けさせる』

3つともこれまで、しっかりしてきました。

今年度は、権利を主張させていただきます。

 

国の対策である、少子化対策の流れに乗っているのです。

文句がある人は、国に言ってください!!

 

職場の人には、本当に申し訳なく思っています。

しかし、4人をきっちりと育てるために、

7か月間、育児休業します!

 

私の考え方、間違っているのだろうか?

 

働き方改革って、

「結局の所、職場の同調圧力から脱皮できるか?」

にかかっていると思っています。

 

休めない人がいる現状も、分かります。

育児休業を切り出せる状況にない会社もあるのも、分かります。

でも、

これからの日本をより良くするには、

同調圧力からの脱皮が必要です。

 

私は、脱皮します。

嫌われても、嫌がられても、

家族を大事にする!

ワークライフバランスを実践してみせるぞ!

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している39歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!