育児休業

【取れる!】妻が、専業主婦でも育児休業は取れるし、取るべき!

Pocket
LINEで送る

お疲れ様です、エフピーティーです。

今日は2月26日ですから、育児休業を取得して、半年も過ぎようとしています。

半年を過ぎると、育児休業の給付金の額が67%⇒50%に減額されますただ、もらうのは、2ヶ月遅れなので、心配はいりません)

育児休業が半年を経過したので、妻が専業主婦なのに、私が育児休業を7ヶ月も取得した理由を話したいと思います。

この話を聞いてもらって、育児休業を取る男の参考にしてもらえればと思います。

スポンサードリンク

妻が専業主婦でも、育児休業は取る理由

我が家の場合、妻が専業主婦ですが夫の私自身が育児休業を取得しました。その理由をまとめると、

理由①:母親が35歳を超え、体力的につらかった。

理由②:生まれてくる子供にNTがあった。

理由③:4人目の子供のため、上の3人を世話する必要があった。

以上のような理由が挙げられます。

理由①:母親が35歳を超え、体力的につらかった。

今までの3人とは異なり、妻が35歳を超え、高齢出産の部類に入ります。そのため、出産だけでもリスクが高い。

さらに、上の3人の子育てもあり、精神的な余裕も、肉体的な余裕も全くありません。

母親の両親は、遠方のため手伝いも呼べません。私の両親も仕事をしているため、おいそれとは、ヘルプを頼めません。

このようになってくると、4人の子供を育てるには、夫婦の力でやるしかないのです。

理由②:生まれてくる子供にNTがあった。

もしかすると、私が育児休業を取得するのに最も背中を押されたのが、この理由かもしれません。

妊娠12週で、NT(胎児浮腫)が見つかったのです。胎児の首の後ろにふくらみがあるというものです。(年齢が高くなり、浮腫が大きいとダウン症や心臓の病気の可能性が高いというリスクがあります。)

障害や病気があると、どうしてもその子供に接する時間が増えるため、上の3人の子供に接する人がいなくなります。

そのため、妻が4人目の育児と看病に専念してもい、上の3人を私が育てようと育児休業を取得しました。

理由③:4人目の子供のため、上の3人を世話する必要があった。

育児休業を取る時は、長女(7歳:小学2年生)、次女(5歳:幼稚園年長)、3男(2歳:何もなし)という状況でした。

上の二人は、学校に行っているため特に問題はありません。しかし問題は、3男。

妻が専業主婦だと、保育園には入れません。幼稚園・保育園も満3歳児クラスに入ることはできますが、仕事がある方が優先。行き場がないのが現状です。

預けたとしても、一時預かりが1ヶ月に5日あるだけです。それ以外の24~26日は、母親が面倒を見なければいけません。

2歳の男子を育てつつ、さらに赤ちゃんを育てる大変さ、、、

想像を絶します。自分ならぶっ倒れています。(逆に言うと、女性の育児に対する精神的・肉体的強さを痛感します。男は、とにかく弱い。)

「昼は、男子の相手のため、外や地域の遊び場で体を動かせる遊び。」

「夜は、夜泣きや母乳のため、寝る時間がこま切れ。」

こんな生活を24時間過ごすんですよ!考えられません。せめて、「昼の部分だけでも男である私ができないか?」と思いました。

男子の遊び方は、38年も生きていますから心得ているつもりです(笑)。さらに母親は、昼に少し休めますから、一石二鳥になります。

このような理由から、私が育児休業を取りました。

スポンサードリンク

専業主婦でも、育児休業取れる理由

妻が専業主婦(収入が0円または少ない方)であっても、夫は育児休業をとることができます。

<厚生労働省:リーフレット「改正育児・介護休業法のポイント~平成29年10月1日施行~」より>

「会社が『とるな!』」「今の職場の体制では取れない!」というのは、取る側の問題ではありません。雇用する会社が考える事なのです。

あとは、「自分に取る勇気があるかどうか?」という自問自答です。

私の場合は、職場の配置が決まる4月当初に2018年9月~2019年3月まで取ることを使えていました。

会社としては、代わりの人員を用意していましたので、スムーズに後退することができました。

まとめ

育児休業を「取る?」「取らない?」は、周りの環境で判断する状況ではなくなりつつあります。

給付金は67%出て、税金や掛金は免除。育児休業を取る際の穴埋めは、雇用する会社の責任です。

このように取りやすい状況ができつつある訳ですから、「父親が、家族を大切にして取る気があるか?」という問題だけになっています。

これだけ環境が整備された状況で、あなたは取得しますか?もしくは、配偶者に取得させたいですか?

私は、育児休業を取って、仕事より辛いですがハッピーな時間を過ごしています。

「1日1プッシュ」が、励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!