キャッシュレス

【朗報】セブンイレブンでも、5つのキャッシュレスが使えます!

お疲れ様です、エフピーティーです。

ついにセブンイレブンも、キャッシュレスサービス、コード決済を行うことを発表しました。

その名も「7pay(セブンペイ)」。ペイの乱立に拍車がかかっております。

どこもかしこも、「ペイペイペイペイ、、、、」覚える方も大変です。

ただ、セブンペイだけに対応させるのではなく、ほかの決済業者も使えるという発表に、少し驚きが!

今日は、セブンペイの内容と新たに決済できるサービスについて見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

「7pay(セブンペイ)」の詳細

セブンペイについては、ローソンやファミリーマートが様々な決済サービスを導入する中で、nanacoだけにほぼ固執している状態でした。

そして、やっと重い腰をあげたのがセブンペイなのです。

詳細をまとめると、

その①;7月1日より開始

その②;他社で対応する決済サービスは、5つ

その③;セブンペイでの買い物は、還元率0.5%

このようになります。

その②;他社で対応する決済サービスは、5つ

セブンペイだけの対応かと思いきや、他社のサービスも使えるという、驚きの展開。

使える決裁サービスは、以下の5つ。

<セブンイレブンホームページより>

日本人からすると、「アリペイ」と「WeChat Pay」は使うことがあまり想定されません。

そうなると、使うのは「PayPay」「メルペイ」「LINE Pay」の3つが主力となりそうです。

その③;セブンペイでの買い物は、還元率0.5%

社開発したはずのセブンペイが、200円につき、1ポイント(還元率0.5%)

PayPayを例にすると、

他社で中継して提供するサービスが、100円につき3ポイント(還元率3%)

両者を比較すれば、わざわざセブンペイを使う人はいません。

圧倒的に「PayPay」「LINE Pay」の方がお得と言える状態になります。

ただし、そこはセブンイレブンも「セブンペイ決済で、ボーナスポイント」などのキャンペーンを行うでしょうから、注目してお必要があります

スポンサードリンク

仲が悪かったのね、、、

セブンイレブンで使える5社をよく見ると、

「あれっ!楽天ペイがない!」という、とても悲しいお知らせが、、、

メルペイが採用されて、楽天ペイが採用されないところに、なんなりかの戦略が見え隠れします。

ただ、コンビニ最大手のセブンイレブンで使えないのは、「楽天ペイ」としては、大きな遅れと取ることが考えられます。

キャッシュレスサービスは、どこでも使える状態にすることが、1番手になる最も重要な条件ですから、「楽天ペイ、ピンチ!」といったところでしょうか。

まとめ

これで、ほぼ大きな会社の決済が出そろいました。

大手3社のコンビニで使えるのは、「PayPay」「LINE Pay」の2つが、主力になってくる形が見えてきました。

遅れをとった「楽天ペイ」は、

キャンペーンをよりレベルアップさせるのか?

それとも、

セブンイレブンでもつかえるようにするのか?

これからの動きが注目されます。

しばらくは、「PayPay」と「LINE Pay」の2つをキャンペーンごとに使っていきたいですね。

「1日1プッシュ」が、励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!