キャッシュレス

ファミリーマートのTポイント離れ。これから何ポイントを貯めるのがベスト?

お疲れ様です、エフピーティーです。

また、1週間が始まりました。

今週もトランプ大統領に警戒しつつ、日頃はキャッシュレスで生活防衛を考えている、今日この頃です。

以前も記事に書いたのですが、「Tポイントが、やばい」という内容。ヤバさが本格的になってきました。

ついにファミリーマートが、Tポイントカードの発行をやめるというニュース。

今日は、ファミリーマートとTポイントについて考えていきたいと思います。

スポンサードリンク

ファミリーマートが、Tポイントをやめる衝撃

ファミリーマートが、Tカードを廃止して、別のポイントに移行するニュースが流れたのが、4月30日。

内容をまとめると、

その①;ファミマTカードの発行終了

その②;独自決済「ファミペイ」開始

その③;「楽天ポイント」「dポイント」を、新規取り扱いする

このようになります。以下は、ホームページでのお知らせ。

<ファミリーマート ホームページより>

 

ファミリーマートとTポイントは、古くからの付き合いであり、長くローソンやセブンイレブンと戦ってきた、戦友です。

しかし、Tポイントの力を借りずに独自の「ファミペイ」だけを優遇するのなら、分かります。

「ファミペイ」だけならば、近い将来必ず起こるであろう、ポイントと決済サービスの融合で説明ができるのです。

しかし、その③にもあるような、「楽天ポイント」「dポイント」まで取り扱うなら、話は少し変わってきます。

Tポイントとファミリーマートの決別と言っても過言ではありません。

スポンサードリンク

ポイントと決済サービスの融合

キャッシュレス決済もポイントサービスも、結局は、

「顧客の囲い込みと購入データを手に入れる事」。

ポイントサービスとキャッシュレス決済が同じアプリや同じものの方が、使いやすく、便利です。

「LINE Pay」と「LINE ポイント」

「PayPay」と「PayPayライト」

「楽天ペイ」と「楽天スーパーポイント」

この3つが、どうしても決済サービスを引っ張っていくと思います。(d払いは、携帯電話との繋がりが大きすぎるため除外)

そうなると、ポイントサービスしか機能していない「Tポイント」「ポンタポイント」がどうしても不利になっていくのは、仕方がないのかもしれません。

「Tポイント」「ポンタポイント」をこれからは、少しずつ減らしていく必要がありそうです。

まとめ

今まで、ポイントと言えばTポイントだった時代が終わりを迎えそうです。

「Tポイントの次は、何ポイントなのか?」

疑問が沸くところですが、やはりこれからのキャンペーン次第になると言えそうです。

そう考えると、100億円あげちゃうキャンペーンの「PayPay」が、頭1つ抜け出していると思います。

「PayPay」だけは、めんどくさくても準備しておきましょう。

「1日1プッシュ」が、励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している39歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!