キャッシュレス

【朗報】『kyash』リアルカードで、消費増税対策の還元を受け取れます。

お疲れ様です、エフピーティーです。

2000万円問題の陰に隠れていますが、2019年10月から消費税が増税され、10%になるんですよね。

10%に上がるのと同時に、消費の落ち込みを解消するため、キャッシュレス決済をすると2%または5%を政府が還元してくれるという対策が、予定されています。

kyashは、消費増税後のポイント還元の対象になる業者に入っていなかったので、増税後どうしようと心配していました。

しかし先日プレスリリースで、ついにkyashでの支払いにも増税後のポイントが付くようになり、変更する手間が省け一安心しているところです。

今回は、kyashが政府の還元対象業者になったことについて見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

kyashでの支払い

私の場合、QR/バーコードのないお店のないでは、メインでkyash(+楽天カード)を使って3%の還元を受けています。

今回、「kyash」が対象から外れてしまうと、どのクレジットカードをメインに使うか悩むところでしたが、今回の報道で継続して使うことができそうです。

<kyash ホームページより>

「kyash」が消費税増税の対策として、2%または5%の還元を受けられるわけです。

本来の還元も合わせ、「kyash」を利用するだけで、大きな店舗では5%還元、小中の店舗では8%還元を受けることができそうです。

しかし、「上の書面にあるA型って一体何なのでしょう?」調べてみました。

スポンサードリンク

A型決済事業者とB型決済事業者

『PayPay』や『LINE Pay』、クレジットカードを使えば、還元の対象にはなるのですが、登録のA型とB型という表記が気になり、調べてみました。

A型決済事業者とは、消費者向けにキャッシュレス決済の手段を提供する企業

B型決済事業者とは、キャッシュレス加盟店支援事業者

私って、読解力が無いのかもしれません。これで、意味が分かります???

じっくり読んで、対象の業者を見てみてやっとわかりました。

A型 ⇒ クレジットカードやQR/バーコード決済を発行・運営している会社

(「PayPay」「kyash」「suica」など)

 

B型 ⇒ キャッシュレスの機械を導入している会社

(「Airペイ」「square(スクエア)」など

と、私になりに解釈しています。

まぁ結局は、現金を使わなければ、ほぼ還元の対象になるというところでしょうか。

これで、安心して増税に備えるキャッシュレスの準備ができそうです。

まとめ

政府の2%または5%還元を含めて、キャッシュレスを「めんどくさい」「手間が嫌だ」と言っている人は、断言できます!

「2%、5%をめんどくさがる人は、老後までに2000万円、絶対に貯まらない!」

増税が始まる前に、自分に最適なキャッシュレスの道筋をつけておきましょう。

「1日1プッシュ」が、励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している39歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!